WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー2018の概要(3月21日開幕)松山英樹・小平智・池田勇太・宮里優作が出場予定

WGC Dell Match Play_Catch

スポンサーリンク

1. トーナメント概要

2018年の世界ゴルフ選手権シリーズ(World Golf Championships)の2戦目となるWGC-デルテクノロジーズ・マッチプレーがテキサス州オースティンにあるオースティンカントリークラブで3月21日から5日間にわたって開催されます。

賞金総額は1000万ドル、優勝賞金は180万ドル、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントは550ポイントが割り当てられています。

デルテクノロジーズ・マッチプレー2018の出場資格は3月11日時点の世界ランク上位64名に与えられ、辞退する選手がいた場合は出場資格が降りていくことになります。

2018年大会は松山英樹が世界ランク6位、小平智が同44位、池田勇太が同49位、宮里優作が同57位で出場権を獲得し、正式にエントリーしています。

WGC-マッチプレーは、18ホールのマッチプレーで行われます。

4名1組で総当り戦を行うラウンドロビン方式のグループ戦を終えた後に、勝ち残った16名でノックダウン方式のトーナメントで優勝を争うことになります。

グループ戦は18ホールに限定されていて、勝利が1ポイント、引き分けは0.5ポイント、敗北は0ポイントとなっています。

このポイントが最も多い選手がトーナメントに進出するのですが、同ポイントで2名以上並んだ場合には1番ホールからサドンデス方式で進出する選手を決定することになります。

グループ分けは3月18日時点での世界ランク上位16名が第1シードとなり、上位17位から32位が第2シード、33位から48位が第3シード、49位から64位が第4シードとなります。

そのシード毎に抽選を行い、最終的に4名ずつ16のプールにわけられることになります。

松山英樹は第1シードに入ることが確定しています。

トーナメント戦では18ホールで決着がつかない場合はサドンデス方式で勝者を決定します。

日程は以下のような流れとなっています。

第1日目(水曜日) グループ戦1試合目
第2日目(木曜日) グループ戦2試合目
第3日目(金曜日) グループ戦3試合目
第4日目(土曜日) 午前:ベスト16 午後:ベスト8
第5日目(日曜日) 午前:準決勝 午後:決勝・3位決定戦

またこのWGC-マッチプレーでは予選落ちがないため、出場した選手はフェデックスカップ(FedExCup)ポイントと賞金を必ず獲得することができます。

2. 開催コース概要

世界ゴルフ選手権シリーズのマッチプレーがオースティンカントリークラブで行われるのは3年連続3回目で2019年まではこのコースで行われる予定となっています。

オースティンカントリークラブはパー72、7,086ヤード、使用されている芝はグリーンがバミューダ芝、フェアウェイがベント芝となっています。

オースティンカントリークラブのコースマップは以下のとおりとなっています。トーナメント開催時はフロントナインとバックナインが入れ替わります。

Austin Country Club

3. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

2014年は賞金総額900万ドル、優勝賞金153万ドル、2015年の大会では賞金総額が925万ドル、優勝賞金が157万2500ドル、そして2016年は950万ドル、優勝賞金が157万ドル、2017年は賞金総額975万ドル、優勝賞金166万ドルと推移しています。

2018年は賞金総額は1000万ドル、優勝賞金180万ドルとなっています。

なおトーナメントに進出した16名の選手の獲得できるフェデックスカップ(FedExCup)ポイントは以下のとおりおとなっています。

優勝(決勝戦勝者) 550ポイント
2位(決勝戦敗者) 315ポイント
3位(3位決定戦勝者) 200ポイント
4位(3位決定戦敗者) 140ポイント
5位T(準々決勝敗退) 101ポイント
9位T(ベスト16敗退) 68.25ポイント

グループ戦で敗退した選手は勝敗によって獲得したポイント順で順位が決定し、それに応じた賞金とポイントを獲得することになります。

4. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

世界ゴルフ選手権シリーズはNHK-BSが独占生中継をすることになっています。それに加えて2017年からゴルフネットワークが前半部分について放送を開始していますので、リレー中継というかたちになります。

なお、以下の放送日時は2017年と同様のスケジュールとなった場合のものです。正式な情報が確認でき次第、情報を差し替える予定です。

テレビ放送予定と日時は以下のとおりとなっています。

GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

Round 放送日時
DAY 1:03/21(水) 03/22(木) 03:00-07:00 GN 生中継
03/22(木) 07:00-08:00 NHK-BS 生中継
03/22(木) 08:00-08:49 NHK-BS(102) 生中継
DAY 2:03/22(木) 03/23(金) 03:00-07:00 GN 生中継
03/23(金) 07:00-08:00 NHK-BS 生中継
03/23(金) 08:00-08:49 NHK-BS(102) 生中継
DAY 3:03/23(金) 03/24(土) 03:00-07:00 GN 生中継
03/24(土) 07:00-08:00 NHK-BS 生中継
03/24(土) 08:00-08:49 NHK-BS(102) 生中継
DAY 4:03/24(土) 03/24(土) 23:00-05:00 GN 生中継
03/25(日) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
DAY 5:03/25(日) 03/25(日) 23:00-05:00 GN 生中継
03/26(月) 06:00-06:49 NHK-BS 生中継
03/26(月) 06:49-07:50 NHK-BS(102) 生中継

5. 出場予定選手/組み合わせの一覧

WGC-デルテクノロジーズマッチプレーは、3月18日発表の世界ランク上位64名に出場権が与えられ、辞退者が出た場合には出場権が下のランクの選手に降りていくことになります。

出場予定選手は以下のとおりとなっています。世界ランク5位のジャスティン・ローズ、同7位のリッキー・ファウラー、同8位のブルックス・ケプカはエントリーしていません。

1. ダスティン・ジョンソン(WR:1位)
2. ジャスティン・トーマス(WR:2位)
3. ジョン・ラーム(WR:3位)
4. ジョーダン・スピース(WR:4位)
5. 松山 英樹(WR:6位)
6. セルヒオ・ガルシア(WR:9位)
7. ジェイソン・デイ(WR:10位)
8. トミー・フリートウッド(WR:11位)
9. ポール・ケーシー(WR:12位)
10. ローリー・マキロイ(WR:13位)
11. ティレル・ハットン(WR:14位)
12. マーク・リーシュマン(WR:16位)
13. アレクサンダー・ノーレン(WR:17位)
14. フィル・ミケルソン(WR:18位)
15. パット・ペレス(WR:19位)
16. マット・クーチャー(WR:20位)
17. ラファエル・カブレラ・ベロ(WR:21位)
18. ブライアン・ハーマン(WR:22位)
19. パトリック・リード(WR:23位)
20. ザンダー・シャウフェレ(WR:24位)
21. フランチェスコ・モリナリ(WR:25位)
22. チャーリー・ホフマン(WR:26位)
23. ブランデン・グレース(WR:27位)
24. ゲーリー・ウッドランド(WR:28位)
25. ルイ・ウーストハイゼン(WR:29位)
26. ロス・フィッシャー(WR:30位)
27. キラデク・アフィバーンラト(WR:31位)
28. ダニエル・バーガー(WR:32位)
29. マシュー・フィッツパトリック(WR:33位)
30. トニー・フィナウ(WR:34位)
31. パトリック・カントレー (WR:35位)
32. ケビン・キスナー(WR:36位)
33. ケビン・チャッペル(WR:37位)
34. ババ・ワトソン(WR:38位)
35. ブレンダン・スティール(WR:39位)
36. リ・ハオトン(WR:40位)
37. ウェブ・シンプソン(WR:41位)
38. アダム・ハドウィン(WR:42位)
39. トーマス・ピーターズ(WR:43位)
40. 小平 智(WR:44位)
41. ディラン・フリテリ(WR:45位)
42. ジェイソン・ダフナー(WR:46位)
43. チェズ・リアビ(WR:47位)
44. ジョナサン・ベガス(WR:48位)
45. 池田 勇太(WR:49位)
46. キャメロン・スミス(WR:50位)
47. パットン・キザイア(WR:51位)
48. チャール・シュワルツェル(WR:52位)
49. キム・シウ(WR:53位)
50. ベルント・ウィスバーガー(WR:54位)
51. カイル・スタンリー(WR:55位)
52. 宮里 優作(WR:57位)
53. ラッセル・ヘンリー(WR:58位)
54. ザック・ジョンソン(WR:59位)
55. ジェームズ・ハーン(WR:60位)
56. アレクサンダー・レビー(WR:61位)
57. ピーター・ユーライン(WR:62位)
58. イアン・ポールター(WR:63位)
59. シャブハンカー・シャーマ(WR:64位)
60. ケビン・ナ(WR:65位)
61. チャールズ・ハウエル3世(WR:66位)
62. ヨースト・ルイテン(WR:67位)
63. キーガン・ブラッドリー(WR:68位)
64. ルーク・リスト(WR:69位)

オルタネイト1:ジュリアン・スリ(WR:70位)
オルタネイト2:ビルハーズ(WR:71位)
オルタネイト3:ブラント・スネデカー(WR:72位)
オルタネイト4:ライアン・ムーア(WR:73位)