プレジデンツカップ2017の概要(9月28日開幕)- 松山英樹が出場

Presidents Cup_Catch

スポンサードリンク

プレジデンツカップ2017の概要

12回目の開催となるプレジデンツカップ2017がアメリカのニュージャージー州ジャージー・シティにあるリバティナショナル・ゴルフクラブで9月28日から4日間にわたって開催されます。

プレジデンツカップはアメリカと欧州の対抗戦であるライダーカップの開催されない年に行われている、アメリカチームと欧州以外のインターナショナルチームの対抗戦です。

チーム対抗戦のため世界ランクポイントは割り当てられず、フェデックスカップ(FedExCup)ポイント、賞金を獲得することもできません。

しかし、自分が選んだ団体や機関に寄付できる「寄付金」をもらうことができ、2013年大会では1人15万ドル(約1500万円)でした。また出場選手はホワイトハウスにも招待されるなど、お金では買うことのできない経験をすることもできます。

さらに実利的な面では以下の2018年に開催されるトーナメントの資格を獲得できます。

  • 全英オープン(優先順位15番目)
  • WGC-ブリジストンインビテーショナル(優先順位1番目)
  • ザ・メモリアル・トーナメント(優先順位11番目)
  • クラウンプラザインビテーショナル(優先順位8番目)

いすれもPGAツアーのシード権を持っているだけでは出場できない格のあるトーナメントとなります。またPGAツアーの出場資格を持たない選手にとっては、PGAツアー進出の足がかりとなるチャンスが増えるために、価値があるものとなっています.

これまでインターナショナルチームが勝利したのはオーストラリアのメルボルンで開催された1998年だけで、後は2003年に引き分けがある以外は全てアメリカチームが勝利をおさめています。

それぞれのチームは、基本的にはプレーしないキャプテンが1人、キャプテンアシスタントが3名、実際にプレーする選手12名で構成されています。

出場資格は基本的にはインターナショナルチームが世界ランクポイント、アメリカチームがPGAツアーのフェデックスカップ(FedExCup)ランクの獲得ポイントで決定されています。

プレジデンツカップの2017の試合フォーマット

プレジデンツカップはアメリカチームとインターナショナルのマッチプレーによる対抗戦です。

初日と2日目は2人1組で1つのボールを交互に打つ「フォアサムマッチプレー」を5マッチ、もしくは2人1組で選手がそれぞれのボールを使い、良いスコアがチームのスコアとなる「フォアボールマッチプレー」を5マッチの合計10マッチが行われます。

3日目は「フォアボールマッチプレー」が4マッチ、「フォアサムマッチプレー」が4マッチの合計8マッチが行われます。

最終日となる4日目は選手12名がすべて出場する1対1のマッチプレーが行われ、合計12マッチを行うことになります。

マッチに勝利した場合には1ポイント、引き分けた場合には0.5ポイント、負けた場合には0ポイントで、合計30ポイントのうち獲得ポイントの多いチームが優勝となります。

スポンサードリンク

開催コース(リバティナショナルゴルフクラブ)の情報

リバティナショナル・ゴルフクラブはロバート・E・カップ、トム・カイトによって設計され2006年に開場したコースで、パー71・7,458ヤード、使用されている芝はグリーンとフェアウェイともにベント芝となっっています。

リバティナショナルゴルフクラブは2009年と2013年にPGAツアーのプレーオフシリーズの初戦であるザ・バークレイズ(2017年からはザ・ノーザントラスト)で使用されています。

2009年開催時にはヒース・スローカムが9アンダー、2013年はアダム・スコットが11アンダーで制しています。それぞれ予選カットラインは5オーバー、イーブンパーとなるなど難易度の高いコースとなっています。

リバティナショナル・ゴルフクラブのザ・バークレイズ2013開催時のホール別の平均スコアと難易度のランクは以下の表のとおりとなっています。

Hole Par Yards Rank Avg. +/-
9 4 474 1 4.31 0.31
15 4 481 2 4.28 0.28
11 3 250 3 3.22 0.22
10 4 496 4 4.22 0.22
18 4 490 5 4.20 0.20
7 4 467 6 4.12 0.12
5 4 427 7 4.09 0.09
4 3 183 8 3.06 0.06
2 3 219 9 3.03 0.03
3 4 395 10 4.00 0.00
12 4 431 11 4.00 0.00
17 4 445 12 3.99 -0.01
14 3 150 13 2.95 -0.05
1 4 398 14 3.87 -0.13
8 5 611 15 4.82 -0.18
16 4 325 16 3.81 -0.19
13 5 563 17 4.65 -0.35
6 5 538 18 4.52 -0.48

テレビ放送予定

テレビの放送予定は決定していませんが、プレジデンツカップはゴルフネットワークが独占生中継をこれまで行っています。

2017年も同様にゴルフネットワークによって生中継される見込みです。詳細な放送日時は情報が確認でき次第追加する予定です。

Round 放送日時
R1:09/01(木) 09/29(金) 01:00-07:00 GN
R2:09/29(金) 09/29(金) 23:30-07:00 GN
R3:09/30(土) 09/30(土) 20:00-07:00 GN
R4:10/01(日) 10/02(日) 0:00-07:00 GN

出場資格と出場予定選手の一覧

プレジデンツカップ2017は、9月1日から4日にわたって行われるデルテクノロジーズ・チャンピオンシップ2017が終了した後の、世界ランク、フェデックスカップ(FedExCup)ランクなどで出場権が確定し、その後にそれぞれのチームのキャプテンが2名指名しています。

そのためまだ確定とまでは言えないのですが、獲得ポイントから考えて出場権獲得が濃厚な選手は以下のとおりとなっています。

2017年大会のメンバーは以下のとおりとなっています。

アメリカ選抜チーム

アメリカ選抜チームは以下のとおりとなっています。*は主将の指名による出場です。

  1. ダスティン・ジョンソン
  2. ジョーダン・スピース
  3. ジャスティン・トーマス
  4. リッキー・ファウラー
  5. ダニエル・バーガー
  6. ブルックス・ケプカ
  7. ケビン・キスナー
  8. パトリック・リード
  9. マット・クーチャー
  10. ケビン・チャッペル
  11. チャーリー・ホフマン(11位)*
  12. フィル・ミケルソン(15位)*

インターナショナルチーム

世界選抜チームは以下のとおりとなっています。*は主将の指名による出場です。

  1. 松山英樹
  2. ジェイソン・デイ
  3. アダム・スコット
  4. ルイ・ウーストハイゼン
  5. マーク・リーシュマン
  6. チャール・シュワルツェル
  7. ブランデン・グレース
  8. キム・シウ
  9. ジョナサン・ベガス
  10. アダム・ハドウィン
  11. エミリアーノ・グリージョ(11位)*
  12. アニルバン・ラヒリ(16位)*

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ