ツアーチャンピオンシップ2017の概要(9月21日開幕) – 松山英樹が出場予定

Tour Championship_Catch

1. トーナメント概要

スポンサードリンク

PGAツアーの2015-16シーズン、そしてフェデックスカップ(FedExCup)プレーオフの最終戦となるツアーチャンピオンシップ2016が9月22日から、ジョージア州アトランのイーストレイクゴルフクラブで開催されます。

賞金総額は875万ドル、優勝賞金は157万5000ドル、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントは2000ポイントが設定されています。

プレーオフ第3戦のBMWチャンピオンシップ終了時点のフェデックスカップ(FedExCup)ランクの上位30名に出場権が与えられ、予選落ちはありません。

賞金総額は他のプレーオフシリーズと同じ875万ドルですが、それを30名で配分することになりますので、最下位の選手でも14万ドル(約1500万円)程度は獲得できる配分となっています。

このツアーチャンピオンシップでは、これまでの通算ポイントではなく、ランキングに応じてポイントを配分し直したリシードポイント(旧:リセットポイント)を元にして行われます。

参考:PGAツアーのフェデックスカップ・プレーオフでのポイント配分について

計算上は最終戦に進出する30名全てに年間王者の可能性があるシステムとなっています。

僅かにランキング上位の30名だけが出場できるエリートフィールドなのですが、松山英樹は4年連続での出場が決まっています。

4年連続でのツアーチャンピオンシップ出場はダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイ、パトリック・リード、マット・クーチャー、そして松山英樹の6人だけです。

リッキー・ファウラーは去年進出できず、3年連続で進出していたババ・ワトソン、ケビン・ナは今年はトップ30に入ることができませんでした。

このツアーチャンピオンシップの出場資格を得た選手はマスターズ、全米オープン、全英オープンの3つのメジャートーナメントとWGC-メキシコチャンピオンシップの出場資格を獲得できます。さらにツアーチャンピオンシップで優勝した選手は、通常の2シーズンではなく、3シーズンのシード権が与えられることになります。

2. 開催コース概要

ツアーチャンピオンシップは1997年から2003年にかけてイーストレイクゴルフクラブとチャンピオンズゴルフクラブ(テキサス州)で隔年で開催されていました。

2004年からはイーストレイクゴルフクラブでのみ行われていて、このコースでのツアーチャンピオンシップ開催は今年で17回目となります。

コースのセッティングはパー70の7,154ヤード(6,542 m)で、使用されている芝はグリーンとラフがバミューダ芝、フェアウェイが野芝となっています。

コースは両サイドに背の高い木がそびえるパークスタイルのコースとなっています。2016年、試合終盤での優勝争いをエキサイティングなものにするために、インとアウトが入れ替えられています。その結果、14番は500ヤードを越えるパー4、15番パー3はバーディも出れば、ダブルボギーもでるアイランドグリーンとスコアが大きく動くホールが終盤にくることになりました。

さらに16番から18番も良いショットを打てばバーディチャンス、ミスをすればボギーにつながるリスクと報酬の色合いを強くしたレイアウトへの変更がなされています。

2016年開催時のコース別の平均スコアと難易度は以下の表のとおりとなっています。

Hole Par Yards Rank Avg. +/-
1 4 469 2 4.27 0.27
2 3 197 5 3.09 0.09
3 4 391 14 3.86 -0.14
4 4 479 9 4.02 0.02
5 4 442 16 3.79 -0.21
6 5 525 18 4.53 -0.48
7 4 481 4 4.17 0.17
8 4 471 1 4.30 0.30
9 3 235 8 3.03 0.03
10 4 424 12 3.96 -0.04
11 3 214 10 3.01 0.01
12 4 389 15 3.83 -0.17
13 4 440 7 4.05 0.05
14 4 520 3 4.19 0.19
15 3 211 6 3.06 0.06
16 4 454 11 4.01 0.01
17 4 443 13 3.88 -0.12
18 5 600 17 4.58 -0.42

3. フェデックスカップポイント(FedEXCup Points)・賞金の配分

ツアーチャンピオンシップ前に、これまでのポイントをリセットし、第3戦のBMWチャンピオンシップ終了時点のフェデックスカップの順位に応じて新たにポイントを配分するリシードが行われます。

ツアーチャンピオンシップ前のリシードポイントの配分は以下の表のとおりとなっています。

fedex-cup-playoff-reseed-points-2016-17

そしてツアーチャンピオンシップ(最終戦)でフィニッシュした順位に応じて獲得できるポイントの配分は以下の表のとおりとなっています。

fedex-cup-tour-championship-points-2016-17

トーナメントの結果による賞金とは別に、プレーオフの年間ランキングによるボーナス賞金は以下の表のとおりとなっています。

2013-14PGAツアーのフェデックスカップ・プレーオフのボーナス賞金分配表140902

年間王者には1000万ドル(約10億円)のボーナスがトーナメントの賞金とは別に与えられることになります。また、それと同時に年間王者は5年シードを獲得することもできます。

30位の選手には17万5000ドルのボーナス賞金が与えられますので、ツアーチャンピオンシップに出場するだけで、最低でも30万ドル(約3000万円)を手にすることができることになります。

4. 地上波・BS・CSのテレビ放送予定日時

ツアーチャンピオンシップ2017は4日間ともにNHK-BSが生中継する予定で、ゴルフネットワークは前半ホールを生中継すると見込まれます。

以下は、例年どおりに放送が行われた場合の放送日時です。正式な日時が判明した時点で差し替える予定です。

詳しいテレビ放送予定と日時は以下のとおりとなっています。

GN:ゴルフネットワーク
NHK-BS:NHK-BS1

Round 放送日時
R1:09/21(木) 09/22(金) 02:00-05:00 GN 生中継
09/22(金) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
R2:09/22(金) 09/23(土) 02:00-05:00 GN 生中継
09/23(土) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
R3:09/23(土) 09/24(日) 01:30-05:00 GN 生中継
09/24(日) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継
R4:09/24(日) 09/25(月) 01:00-05:00 GN 生中継
09/25(月) 05:00-06:49 NHK-BS 生中継

5. 出場予定選手/組み合わせの一覧

出場予定選手とポイントリセット後のリシードポイントは以下の表のとおりとなっています。(追記:リセット後のリシードポイントではなくツアーチャンピオンシップでのポイント配分を記載していたため修正しました。)

Rank Players PTS
1 ジョーダン・スピース 2000
2 ジャスティン・トーマス 1800
3 ダスティン・ジョンソン 1520
4 マーク・リーシュマン 1296
5 ジョン・ラーム 1280
6 リッキー・ファウラー 1120
7 松山 英樹 960
8 ジャスティン・ローズ 800
9 ブルックス・ケプカ 640
10 ポール・ケーシー 480
11 パット・ペレス 384
12 マット・クーチャー 368
13 チャーリー・ホフマン 352
14 ダニエル・バーガー 336
15 ジェイソン・デイ 314
16 ウェブ・シンプソン 293
17 ジョナサン・ベガス 272
18 ケビン・キスナー 251
19 ケビン・チャッペル 231
20 ブライアン・ハーマン 219
21 アダム・ハドウィン 206
22 カイル・スタンリー 194
23 パトリック・リード 182
24 トニー・フィナウ 170
25 セルヒオ・ガルシア 161
26 ザンダー・シャウフェレ 151
27 ラッセル・ヘンリー 142
28 ゲーリー・ウッドランド 133
29 パトリック・カントレー 124
30 ジェイソン・ダフナー 115

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ