2019年から全米プロは5月、プレーヤーズは3月開催に!PGAツアーのスケジュールが大幅変更に

以前からPGAツアーのスケジュールが変更されるとの報道がなされていましたが、正式に2019年から全米プロゴルフ選手権とザ・プレーヤーズチャンピオンシップの開催日程が変更されることになりました。

2019年からは、全米プロゴルフ選手権は8月から5月に、プレーヤーズチャンピオンシップは5月から3月に、それぞれ開催されることになります。

スポンサードリンク

2019年のPGAツアーの開催スケジュールは大幅に変更されることに

米ゴルフチャンネル電子版が以下のように伝えています。

PGA CEO Pete Bevacqua said that the PGA Championship will be played the third week of May – between Mother’s Day and Memorial Day. That would affect the Texas swing, the way the schedule is currently constructed.

Monahan said he is targeting the “mid-March” date that The Players used to occupy, before it moved to May in 2007. That would affect the Florida swing, the way the schedule is currently constructed.

2019年から全米プロゴルフ選手権は、母の日とメモリアルデーの間となる5月の第3週の開催される予定となりました。現行のスケジュールではテキサス州で集中的にトーナメントが組まれているのですが、それに影響が出ることになります。

さらに2007年から5月に開催されていたPGAツアーのフラッグシップトーナメントであるザ・プレーヤーズチャンピオンシップが、以前のように3月に開催されることになりました。

こちらは全米プロゴルフ選手権に比較すると、まだ流動的なところがあるようですが、3月中旬頃がターゲットとなるようです。

現行スケジュールではホンダクラシック、バルスパーチャンピオンシプなど、フロリダスイングが組み込まれているのですが、こちらにも影響を与えることになります。

このようなスケジュール変更に伴い2019年からの主だったイベントのスケジュールは以下のとおりとなる見込みです。

  • 3月:ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ
  • 4月:マスターズ・トーナメント
  • 5月:全米プロゴルフ選手権
  • 6月:全米オープン
  • 7月:全英オープン
  • 8月:フェデックスカップ・プレーオフ

このスケジュール変更は、世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのスケジュールにも影響をあたえることが予想されます。

2017年は3月にWGC-メキシコチャンピオンシップとWGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー、8月にWGC-ブリジストンインビテーショナルが開催されています。

3月にプレーヤーズが入ることになりますので、少なくともWGCの一つは3月開催ではなくなると予想されます。

このスケジュール変更に伴いライダーカップやプレジデンツカップの日程も早まる見込みとなっています。

さらにヨーロピアンツアーは5月にBWN PGAチャンピオンシップというフラッグシップトーナメントを開催していましたが、こちらは9月に移動することがアナウンスされています。

2019年は大幅なスケジュール変更となります。2020年はこれらの変更に加えて東京オリンピックでゴルフ競技が開催されるため、さらにスケジュールが動く可能性があります。

選手たちのスケジューリングも大きな変更を余儀なくされることになりそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ