PGAツアーが2019年から導入のプレーオフの新フォーマットを発表

PGAツアーはタイガー・ウッズ不在の間も、様々な施策を行うことで発展を継続しています。しかし、その成功に安閑とすることなく、さらなる発展を目指して改革を続けています。

すでにフラッグシップ・イベントであるプレーヤーズチャンピオンシップを3月、メジャートーナメントの全米プロゴルフ選手権を5月に移動させなどのスケジュール変更を発表していましたが、新たにプレーオフのフォーマットに関する変更も公表されました。

スポンサーリンク

2018-19シーズンからプレーオフとツアーチャンピオンシップの方式が変更に

PGAツアー公式サイトに掲載された“Simplicity the key with changes to FedExCup Playoffs finale”からの引用です。

The season-ending TOUR Championship will be easier to follow.

Starting with next year’s event at East Lake, there will be only one leaderboard. No separate FedExCup points standings. No projections that fluctuate with each holed putt. No analytics to determine who might or might not have an advantage.

PGAツアーのシーズンファイナルとなるツアーチャンピオンシップでは、年間王者の争いを誰がリードをしているのか知るために、通常リーダーボードだけではなく、フェデックスカップ・ランキングのリアルタイム情報も確認する必要がありました。

この1打によって、誰がポイントランキングのトップに立つのかについて、ポイント計算が必要でした。

しかし、新しいフォーマットではそのような手間はなくなり、シンプルに誰が年間王者に向けてリードしているのかを知れるようになります。

PGAツアーが発表した新しいツアーチャンピオンシップのフォーマットは「フェデックスカップ・スターティング・ストロークス」という名称がつけられています。

フェデックスカップ・スターティング・ストロークスというシステムでは、ランキング1位でツアーチャンピオンシップに進出した選手に10アンダー、2位の選手には8アンダー、3位の選手には7アンダーといったような、順位に応じたアドバンテージが与えられることになります。

より詳細な情報は以下のページにまとめて更新しています。

PGAツアーのプレーオフシリーズは2018-19シーズンから、4試合から3試合に減り、ツアーファイナルとなるツアーチャンピオンシップのフォー...

このことにより視聴者や選手はリーダーボードを見るだけで、誰がフェデックスカップ年間王者のトップに立っているのか、誰がそれを追いかけているのかを知ることができるようになります。また、ツアーチャンピオンシップの勝者が、そのままフェデックスカップ年間王者ともなるため、視聴者も選手もトーナメントの優勝争いに集中しやすくなるというメリットも存在します。

2018-19シーズンのスケジュールが発表された後に、様々な媒体で新しいプレーオフのフォーマットに関する情報が流れていました。が、その時に報じられていた大部分の内容が今回の公式発表とも重なるものとなっています。

毎年、ツアー全体の賞金総額は右肩上がりを続けているPGAツアーですが、それに慢心することなく、より魅力的なコンテンツであり続けるための工夫が...

今回PGAツアーが発表したプレーオフとツアーチャンピオンシップの新しいフォーマットに関する情報は以下のとおりとなっています。

*日本円換算は1ドル110円

  1. プレーオフはザ・ノーザントラスト、BMWチャンピオンシップ、ツアーチャンピオンシップの3戦に。
  2. ザ・ノーザントラストにはポイントランク上位125名、BMWチャンピオンシップには同70名、ツアーチャンピオンシップには同30名の選手に出場権が与えられる。
  3. ツアーチャンピオンシップではこれまでのリシードポイントではなく、スターティング・ストロークスというストローク数によるアドバンテージが上位選手に与えられる。その結果、ツアーチャンピオンシップの勝者がそのままフェデックスカップの年間王者に。
  4. フェデックスカップ・プレーオフのボーナス賞金の総額は現行の3500万ドル(約39億円)から7000万ドル(約78億円)に増額され、年間王者のボーナスも1000万ドル(約11億円)から1500万ドル(約16億5000万円)に。
  5. 7000万ドルのうち1000万ドルは「ウィンダム・リワード」という名称のレギュラーシーズンの上位選手に対するボーナス賞金に充てられる。
  6. レギュラーシーズンのポイントランク1位の選手には200万ドル(約2億2000万円)、2位の選手には150万ドル(約1億6500万円)、10位の選手でも50万ドル(約5500万円)のボーナス賞金が与えられる。

これらの変更はプレーオフシリーズの価値を高めるだけでなく、レギュラーシーズンの価値も高めるものとなっています。

レギュラーシーズン最終戦のウィンダムチャンピオンシップは、WGC-ブリジストンインビテーショナル、全米プロゴルフ選手権というビッグトーナメントとプレーオフに挟まれている日程のため、トッププレイヤーの多くが出場を回避していました。

レギュラーシーズンのポイントランキングに対するボーナス賞金が設定されたことで、レギュラーシーズンのポイントランキングが確定するウィンダムチャンピオンシップへの出場を決断するトッププレイヤーが増えることが予想されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする