ジミー・ウォーカーがツアー2勝目!谷原は8位タイに!ソニーオープン・イン・ハワイ2014最終結果

ソニーオープン・イン・ハワイ2014の最終日が行われ、ジミー・ウォーカーが7バーディ・ノーボギーの圧倒的なプレーで、前日4位から逆転優勝を飾りました。

ジミー・ウォーカーはこの2013-14シーズンは、早くも2勝目となりました。そのため賞金ランキングとフェデックスカップポイントでともにトップに立ちました。

2位にはクリス・カーク、3位にはジェリー・ケリーとなっています。

日本から参加していた谷原秀人は一時は首位に1打差まで迫ったものの、その後スコアを伸ばせず、惜しくも優勝逃し、8位タイでのフィニッシュとなりました。

それでも8位タイにはザック・ジョンソン、アダム・スコット、マット・クーチャーとそうそうたるメンバーが顔を並べていますので、健闘の8位タイと言えます。

これで谷原秀人は次のオープン戦であるファーマーズ・インシュランス・オープンの出場権も手にしています。

スポンサードリンク

ジミー・ウォーカーは早くも240万ドル(2億4000万円)を獲得

ジミー・ウォーカーは、1979年1月16日生まれで、今週中には35歳になるプレーヤーです。

今季(2013-14)の開幕戦であるフライズドットコム・オープンでツアー初優勝をして、早くも今季2勝目をあげたジミー・ウォーカーです。

フライズドットコム・オープンまで144戦優勝がなかったジミー・ウォーカーでしたが、これで今季は8試合で2勝と、1勝した自信がうまくつながっています。

これでジミー・ウォーカーはフェデックスカップポイントを1233ポイントとして、2位のクリス・カークに302ポイント差をつけてトップとなりました。

また優勝賞金の100万8000ドルを手にして、241万7833ドルとして賞金ランキングのトップに立っています。

谷原秀人の健闘が光ったソニーオープン・イン・ハワイ2014

谷原秀人が一時は首位に1打差まで迫る健闘を見せてくれました。ホールバイホールは以下のとおりとなっています。

谷原秀人のソニーオープン・イン・ハワイ2014のホールバイホール

9番ホールを終えた時点では、首位に1打差と迫りましたが、ティーショットが安定せず、ラフからのセカンドショットが多くなってしまいました。

そのためセカンドでピンに寄せきれず、パーを拾うプレーとなってしまいました。

それでも14番ホールでは5.5メートルのバーディパットを沈めるなど、パッティングは好調で、パッティングのスタッツでは上位の結果を残しました。

STROKES GAINED PUTTING(パッティングのスコアの貢献度の指標)では1.754で全体のトップPUTTS PER GIR1.600で全体で3番目と、パット職人ぶりを発揮してくれました。

谷原秀人は、8位タイとトップ10に入りましたので、次のオープン戦であるファーマーズ・インシュランス・オープンへの出場権を手にしました。

ホールアウト後のインタビューでは、ファーマーズの日程が、東北福祉大学の後輩である藤本佳則の結婚式と重なっているようで、また未定のようです。

ですが、せっかくのPGAツアーの出場権ですので、出てもらいたいですね。世界ランクも94位で、ソニー・オープンの結果で上がると思いますし、ファーマーズでも頑張れば、マスターズも可能性が出てきます。

またソニーオープン・イン・ハワイの8位タイで11万9,000ドル(約1200万円)の賞金も手にしていますので、軍資金も大丈夫だと思いますので、何とか調整してプレーしてもらいたいです。期待しています

今田竜二は惜しくも次戦の出場権を逃す

また今田竜二はトップ10入りにわずか1打及ばす、20位タイに終わりました。賞金は5万4818ドルを獲得しています。

10位以内に入ってファーマーズの出場権を手にしたいところでしたが、4番ホールでのダブルボギーが響きました。それ以外は5バーディ・ノーバディと良かったので、もったいなかったです。

ホールアウト後のインタビューでは、しばらくはPGAの下部ツアーであるWeb.comツアーでプレーして、もう一度PGAツアーに這い上がると語っていました。

今回はプレーも安定していて、前年の悪い状態からは脱しつつあるようなので、頑張ってもらいたいです。

ソニーオープン・イン・ハワイ2014最終結果

PGA20140109_Sony Open in Hawaii_フルリーダーボード

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ