ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後のフェデックスカップポイントランクとPGAツアー賞金ランク

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014をスコット・スターリングスが制して優勝賞金109万8000ドル(約1億1241万円)を獲得して、2014シーズンの獲得賞金を112万8421ドル(約1億1552万円)としました。その結果、賞金ランキングでは166位から10位にジャンプアップしました。

またフェデックスカップポイントでは500ポイントを加えて530ポイントとして、同じく166位から10位にジャンプアップしています。

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後のPGAツアーの賞金ランキングとフェデックスカップポイントのランキングについては、以下にまとめています。

スポンサードリンク

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後のPGAツアーの賞金ランキング

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後(2014年1月26日終了時点)のPGAツアーの賞金ランキングは以下の表のとおりとなっています。

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後のPGAツアーの賞金ランキング

上位陣ではジミー・ウォーカーが出場したのですが、予選落ちしましたので、まったく上積みがありませんでした。

またフィル・ミケルソン途中棄権し、他の上位選手は出場をしていませんでしたので、上位陣に大きな変動はありませんでした。

日本勢では、石川遼が前週の17位66万4556ドルに、ファーマズでの7位タイの賞金19万117ドルを上積みし、85万4673ドルの14位と3つランクを上げました。

また、松山英樹は29万3433ドルに、16位タイの9万7600ドルを加えて、39万1033ドルの44位と6つ順位を上げました。

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後のフェデックスカップポイントランキング

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後(2014年1月26日終了時点)のフェデックスカップポイントランキングは以下のとおりとなっています。

ファーマーズ・インシュランス・オープン2014終了後のフェデックスカップポイントランキング

こちらも上位陣が出場せず、ジミー・ウォーカーも予選落ちしまたしたので、変動はあまりありませんでした。

石川遼は19位の340ポイントに85ポイントを加えて、425ポイントの14位に、松山英樹は177ポイントの49位から54ポイントを加えて、231ポイントの44位へと順位をあげています。

石川遼はシード権の確保ラインを450ポイントに設定してプレーしているようですが、そのラインまで残り25ポイントとなりました。

425ポイントでもすでにシード権が確実といえるくらいのポイントで、2013シーズンでは117位相当になり、フェデックスカップポイントランクで125位というラインを超える獲得ポイントです。

本人がヒューマナ・チャレンジも出場を決意して、6連戦となりましたが、来週の次のトーナメントで目標に設定した450ポイントも到達できそうです。

単独46位でフェデックスカップポイントを25ポイント獲得できますので、30位から40位タイくらいの成績で十分なので、今の石川遼の調子なら問題なさそうです。

昨年とは雲泥の差といえる状況で、石川遼の成長ぶりが伺えます。次戦も楽しみです。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントを残す

このページの先頭へ