WGC-キャデラック選手権・プエルトリコオープン2014終了後のフェデックスカップ・PGAツアー賞金ランキング

WGC-キャデラック選手権と裏開催となるプエルトリコオープンが同時に開催されましたので、この2つのトーナメントともPGAツアー公式試合ですので獲得賞金とフェデックスカップポイントが加算されます。

2014年3月9日の両トーナメント終了時点のPGAツアー賞金ランキングとフェデックスカップランキングをまとめています。

スポンサードリンク
[googlead]

スポンサーリンク

WGC-キャデラック選手権2014終了後のフェデックスカップランキング

WGC-キャデラック選手権2014とプエルトリコオープン2014終了後のフェデックスカップランキング(2014年3月10日時点)は以下の表のとおりとなっています。

首位のジミー・ウォーカーは、25位タイの42ポイントを加えるにとどまりましたが、2位のダスティン・ジョンソンとは538ポイント差をつけて首位を走っています。

また2位はダスティン・ジョンソンで、キャデラック選手権では4位タイで128ポイントを獲得しましたが、差はわずかに86ポイント縮めたにとどまりました。

キャデラック選手権で優勝したパトリック・リードが550ポイントを加え1326ポイントして、フェデックスカップで前週の10位から3位にランクアップしています。また同2位タイのバッバ・ワトソンは258ポイントを加えて合計1240ポイントとし、フェデックスカップで5位から4位に浮上しています。

松山英樹と石川遼はともにシード権の安全圏内と考えられる450ポイントを超えました。松山英樹は35ポイント加えて、480ポイントとして27位タイ、石川遼は28ポイントを加算し、合計453ポイントで30位タイとなっています。

順位 選手名 ポイント
1 ジミー・ウォーカー 1872
2 ダスティン・ジョンソン 1334
3 パトリック・リード 1326
4 バッバ・ワトソン 1240
5 ハリス・イングリッシュ 1168
6 クリス・カーク 1047
7 ウェブ・シンプソン 962
8 ザック・ジョンソン 918
9 ライアン・ムーア 894
10 ケビン・スタドラー 827
11 ジョーダン・スピース 721
12 ジェイソン・デイ 720
13 ブライアン・スチュアード 687
14 グラハム・デラ-ト 655
15 ライアン・パーマー 654
27 松山 英樹 480
30 石川 遼 453

WGC-キャデラック選手権2014終了後のPGAツアー賞金ランキング

WGC-キャデラック選手権2014とプエルトリコオープン2014の終了後のPGAツアー賞金ランキング(2014年3月10日時点)は以下の表のとおりとなっています。

優勝賞金153万ドルを加えたパトリック・リードが300万8552ドルとして、前週までの12位から3位に浮上しています。

これでPGAツアーは300万ドル以上を獲得したプレーヤーが3人となり、日本円換算の3億円突破したプレーヤーとなるとバッバ・ワトソンも現在のレートでは3億円を突破します。

松山英樹と石川遼もすでにそれぞれ88万9288ドル(9165万円)、89万7093ドル(9245万円)と1億円目前です。まだ3月が始まったばかりで、シーズンは10月まで続きますが、すでに100万ドル(約1億円)以上稼いでいるプレーヤーは22名います。

レベルの高さも賞金も何とも桁違いなPGAツアーです。

順位 選手名 獲得賞金
1 ジミー・ウォーカー $3,861,680
2 ダスティン・ジョンソン $3,346,150
3 パトリック・リード $3,008,552
4 バッバ・ワトソン $2,913,007
5 ハリス・イングリッシュ $2,409,063
6 ウェブ・シンプソン $2,076,016
7 ライアン・ムーア $2,073,050
8 クリス・カーク $2,009,570
9 ジェイソン・デイ $1,909,200
10 ザック・ジョンソン $1,868,492
11 ケビン・スタドラー $1,674,152
12 ジョーダン・スピース $1,597,755
13 グラハム・デラ-ト $1,490,966
14 ブライアン・スチュアード $1,284,731
15 ライアン・パーマー $1,266,290
29 石川 遼 $897,093
31 松山 英樹 $889,288
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする