全英オープンゴルフ2019の概要(7月18日開幕)松山英樹・金谷拓実が出場予定

The OPEN_Catch

全英オープンゴルフ2019が、7月18日から北アイルランドのアントリムにあるロイヤルポートラッシュ・ゴルフクラブで4日間に渡って開催されます。

その全英オープンゴルフ2019の賞金、ポイント、コース、テレビ放送、出場資格と有資格者、過去の優勝者のデータなどのトーナメント概要です

スポンサーリンク

1. 全英オープンゴルフ2019の概要

全英オープンは2019年大会が148回目の開催で、ロイヤルポートラッシュで行われるのは1951年以来68年ぶり2回目となります。

全英オープンは伝統的に7月中旬に行われてきましたが、全米プロゴルフ選手権が6月に日程変更されることにより、2019年からは最後の4大メジャートーナメントとして行われることになります。

2019年の賞金総額、優勝賞金は現時点(2018年9月18日)は正式に発表されていませんが、2018年は賞金総額1050万ドル、優勝賞金162万ドルとなりました。メジャートーナメントのためフェデックスカップ(FedexCup)ポイントは600ポイント、世界ランクポイントは100ポイントと最高の設定になっています。

日本人プレイヤーでは松山英樹(PGAツアーのシーズン最終戦・ツアーチャンピオンシップに進出)、アマチュアの金谷拓実(アジア・パシフィック・アマチュア2018優勝)の2人が出場権を獲得しています。

2. 全英オープンゴルフの過去10年間の優勝者・開催コース

全英オープンの過去10年間の優勝者、開催コースは以下のとおりとなっています。

Year Winner Course Score – Margin Runner-up(s)
2018 フランチェスコ・モリナリ カーヌスティ 276(-8)2打差 ケビン・キスナー
ロリー・マキロイ
ジャスティン・ローズ
ザンダー・ショフフレ
2017 ジョーダン・スピース ロイヤルバークデール 268(-12)3打差 マット・クーチャー
2016 ヘンリック・ステンソン ロイヤルトルーン 264(-20)3打差 フィル・ミケルソン
2015 ザック・ジョンソン セント・アンドリュース 273(-15)プレーオフ マーク・リーシュマン
ルイ・ウーストハイゼン
2014 ローリー・マキロイ ロイヤル・リヴァプール 271(-17)2打差 リッキー・ファウラー
セルヒオ・ガルシア
2013 フィル・ミケルソン ミュアフィールド 281(-3)3打差 ヘンリク・ステンソン
2012 アーニー・エルス(2) ロイヤルリザム&セントアンズ 273(-7)1打差 アダム・スコット
2011 ダレン・クラーク ロイヤル・セント・ジョージズ 275(-5)3打差 ダスティン・ジョンソン
フィル・ミケルソン
2010 ルイ・ウーストハイゼン セント・アンドリュース 272(-16)7打差 リー・ウエストウッド
2009 スチュワート・シンク ターンベリー 278(-2)プレーオフ トム・ワトソン

3. ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブの概要

ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブで全英オープンが行われるのは1951年以来の58年ぶりです。その際にはパー72、6,802ヤードのセットで行われ、イングランドのマックス・フォークナーが3アンダーで制しています。

全英オープン以外ではアイルランドオープン(アイリッシュオープン)で1930年, 1937年, 1947年, 2012年の4回、全英アマチュアでは1960年、1993年、2014年の3回、それぞれホストコースとして使用されています。

2019年のセッティングは正式にアナウンスされていませんが、チャンピオンシップティーを使用した場合には7,337ヤードとなります。

全英オープンのために改修がなされているため、芝も張り替えられている可能性がありますが、2012年にアイルランドオープンで使用された際の芝は以下のとおりとなっています。

  • グリーン:フェスキュー、ベント、ポアナ
  • フェアウェイ:フェスキュー、ベント、ポアナ
  • ティー/カラー:フェスキュー、ベント、ポアナ
  • ラフ:フェスキュー、ベント、ポアナ、雑草(シラゲガヤなど)

4. 賞金・フェデックスカップポイント・世界ランクポイントの配分

全英オープン2019のフェデックスカップ(FedexCup)ポイント、世界ランクポイント、賞金の配分は以下のとおりとなっています。

賞金は情報が確認でき次第更新する予定です。

R Prize FedEx PTS World Rank PTS
1 600 100
2 330 60
3 210 40
4 150 30
5 120 24
6 110 20
7 100 18
8 94 16
9 88 15
10 82 14
11 77 13
12 72 12
13 68 11
14 64 10
15 61 9.5
16 59 9
17 57 8.5
18 55 8
19 53 7.5
20 51 7
21 48.73 6.5
22 46.47 6
23 44.2 5.8
24 41.93 5.6
25 40.23 5.4
26 38.53 5.2
27 36.83 5
28 35.13 4.8
29 33.43 4.6
30 31.73 4.5
31 30.03 4.4
32 28.33 4.3
33 26.63 4.2
34 24.93 4.1
35 23.8 4
36 22.67 3.9
37 21.53 3.8
38 20.4 3.7
39 19.27 3.6
40 18.13 3.5
41 17 3.4
42 15.87 3.3
43 14.73 3.2
44 13.6 3.1
45 12.47 3
46 11.9 2.9
47 11.33 2.8
48 10.77 2.7
49 10.2 2.6
50 9.63 2.5
51 9.07 2.4
52 8.5 2.3
53 7.93 2.2
54 7.37 2.1
55 6.8 2
56 6.57 1.9
57 6.35 1.8
58 6.12 1.7
59 5.89 1.6
60 5.67 1.5
61 5.44 1.5
62 5.21 1.5
63 4.99 1.5
64 4.76 1.5
65 4.53 1.5

地上波・BS・CS・ネット放送予定日時

全英オープンは毎年、地上波はテレビ朝日系列の全国ネットで生中継されています。CS/CATVのゴルフチャンネルも国際映像を中心に生中継が行われています。詳細な日時は情報が確認でき次第、更新する予定です。

Round 放送日時
Round 1 (07/18) 未定 ゴルフネットワーク
未定 テレビ朝日
Round 2 (07/19) 未定 ゴルフネットワーク
未定 テレビ朝日
Round 3 (07/20) 未定 ゴルフネットワーク
未定 テレビ朝日
Round 4 (07/21) 未定 ゴルフネットワーク
未定 テレビ朝日

出場資格と有資格者の一覧

全英オープン2019の出場資格と有資格者は以下のとおりとなっています。なお、出場資格を有しているだけで、正式にエントリーしているわけではないことにご留意ください。

1. 全英オープンの過去の優勝者でトーナメント最終日の時点で60歳以下の選手

マーク・カルカベッキア、スチュワート・シンク、ダレン・クラーク、ジョン・デイリー、デビッド・デュバル、アーニー・エルス、トッド・ハミルトン、パドレイグ・ハリントン、ザック・ジョンソン、ポール・ラウリー、トム・リーマン、ロリー・マキロイ、フィル・ミケルソン、フランチェスコ・モリナリ、ルイ・ウーストハイゼン、ジョーダン・スピース、ヘンリク・ステンソン、タイガー・ウッズ

*資格を有するもプレーしない見込みの選手:イアン・ベイカーフィンチ、ベン・カーティス、ジャスティン・レナード

2. 過去10年間の全英オープンの優勝者

  • 2018:フランチェスコ・モリナリ
  • 2017:ジョーダン・スピース
  • 2016:ヘンリク・ステンソン
  • 2015:ザック・ジョンソン
  • 2014:ロリー・マキロイ
  • 2013:フィル・ミケルソン
  • 2012:アーニー・エルス
  • 2011:ダレン・クラーク
  • 2010:ルイ・ウーストハイゼン
  • 2009:スチュワート・シンク

3. 前年の全英オープンのトップ10フィニシュをした選手

  • 1:フランチェスコ・モリナリ
  • T2:ジャスティン・ローズ
  • T2:ローリー・マキロイ
  • T2:ケビン・キスナー
  • T2:ザンダー・シャウフェレ
  • T6:エディー・ペッパーエル
  • T6:タイガー・ウッズ
  • T6:ケビン・チャッペル
  • T9:トニー・フィナウ
  • T9:マット・クーチャー
  • T9:ジョーダン・スピース
  • 4. 2019年のWEEK21の世界ランキング上位50名

    • 未確定

    5. 前年のレース・トゥ・ドバイ(ヨーロピアンツアー)のトップ30

    • 未確定

    6. 過去3年間のBMW PGAチャンピオンシップ(ヨーロピアンツアー)の優勝者

    • 2018:フランチェスコ・モリナリ
    • 2017:アレックス・ノレン
    • 2016:クリス・ウッド

    7. BMWインターナショナル(ヨーロピアンツアー)終了時点のレース・トゥ・ドバイで出場資格を有しない上位5名

    • 未確定

    8. 過去5年間の全米オープン優勝者

    • 2019:6月16日決定
    • 2018:ブルックス・ケプカ
    • 2017:ブルックス・ケプカ
    • 2016:ダスティン・ジョンソン
    • 2015:ジョーダン・スピース

    9. 過去5年間のマスターズ・トーナメント優勝者

    • 2019:4月19日決定
    • 2018:パトリック・リード
    • 2017:セルヒオ・ガルシア
    • 2016:ダニー・ウィレット
    • 2015:ジョーダン・スピース

    10. 過去5年間の全米プロゴルフ選手権の優勝者

    • 2019:5月19日決定
    • 2018:ブルックス・ケプカ
    • 2017:ジャスティン・トーマス
    • 2016:ジミー・ウォーカー
    • 2015:ジェイソン・デイ

    11. 過去3年間のプレーヤーズチャンピオンシップの優勝者

    • 2019:3月17日決定
    • 2018:ウェブ・シンプソン
    • 2017:キム・シウ

    12. 前年のPGAツアーのツアーチャンピオンシップに進出した選手

    松山英樹、ブライソン・デシャンボー、ダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、ブルックス・ケプカ、ジャスティン・ローズ、トニー・フィナウ、キーガン・ブラッドリー、ババ・ワトソン、ビリー・ホーシェル、キャメロン・スミス、ウェブ・シンプソン、ジェイソン・デイ、フランチェスコ・モリナリ、フィル・ミケルソン、パトリック・リード、パトリック・カントレー、ローリー・マキロイ、ザンダー・シャウフェレ、トミー・フリートウッド、タイガー・ウッズ、アーロン・ワイズ、ケビン・ナ、リッキー・ファウラー、ジョン・ラーム、カイル・スタンリー、ポール・ケーシー、ゲーリー・ウッドランド、マーク・リーシュマン、パットン・キザイア

    13. トラベラーズチャンピオンシップ終了時点でのフェデックスカップ・ランクで出場資格を有しない上位5名の選手

    • 未確定

    14. 前年のアルゼンチン・オープンの優勝者

    • 未確定

    15. 直近のライダーカップの出場選手

    【欧州選抜】

    • フランチェスコ・モリナリ
    • ジャスティン・ローズ
    • ティレル・ハットン
    • トミー・フリートウッド
    • ジョン・ラーム
    • ローリー・マキロイ
    • アレックス・ノレン
    • トービヨン・オルセン
    • イアン・ポールター
    • ポール・ケーシー
    • セルヒオ・ガルシア
    • ヘンリク・ステンソン

    【米国選抜】

    • ブルックス・ケプカ
    • ダスティン・ジョンソン
    • ジャスティン・トーマス
    • パトリック・リード
    • ババ・ワトソン
    • ジョーダン・スピース
    • リッキー・ファウラー
    • ウェブ・シンプソン
    • ブライソン・デシャンボー
    • フィル・ミケルソン
    • タイガー・ウッズ
    • トニー・フィナウ

    16. アジアンツアーの前シーズンの賞金ランキング最上位

    • 未確定

    17. PGAツアー・オブ・オーストラレイジアーの前シーズンの賞金ランキング最上位

    • 未確定

    18. サンシャインツアーの前シーズンの賞金ランキング最上位

  • 未確定
  • 19. 前年の日本オープンの優勝者

    • 未確定

    20. 日本ツアー(JGTO)の前シーズンの賞金ランキング上位2名

    • 未確定

    21. 今年の日本ゴルフツアー選手権終了時点の日本ツアーの賞金ランキングで出場資格を有しない上位2名

    • 未確定

    22. 前年の全英シニアオープンの優勝者

    • ミゲル・アンヘル・ヒメネス

    23. 全英アマチュアゴルフ選手権の今年の優勝者

    • 未確定

    24. 全米アマチュアの前年の優勝者

    • ヴィクトル・ホブランド (アマ)

    25. ヨーロッパアマチュアゴルフ選手権の今年の優勝者

    • 未確定

    26. マーク・H・マコーミックメダルの前年の受賞者(アマ)

    • ブレイデン・ソーンベリー (アマ)

    27. アジアパシフィック・アマチュアの前年の優勝者

    • 金谷拓実

    全英オープン予選会

    全英オープン・クオリファイング・シリーズは6つの主要なツアーのトーナメントで構成されています。日本ツアーでは例年、ミズノオープンが予選会となっています。