ウェブドットコムツアー・ファイナルズ(入れ替え戦)2018の概要

Web.com Tour Finals Catch

ウェブドットコムツアーファイナルズはPGAツアーのシード権を確保できなかった選手と下部ツアーであるウェブドットコムツアーの選手などが出場し、PGAツアーの出場資格を争う入れ替え戦です。

ウェブドットコムツアー・ファイナルズは全4戦で行われ、その4戦の賞金ランキング上位25名の選手は、制限はあるものの来季のPGAツアーの出場権を獲得できることになります。

そのウェブドットコムツアー・ファイナルズ(入れ替え戦)2018の概要です。

スポンサーリンク

1. 概要

ウェブドットコムツアーファイナルズ2018はネイションワイドチルドレンズホスピタルチャンピオンシップ、アルバートソンボイシオープン、DAPチャンピオンシップ、ウェブドットコムツアーチャンピオンシップの計4戦で行われます。

それぞれのトーナメントの賞金総額は100万ドルで、優勝賞金は18万ドルとなっています。下部ツアーですが世界ランクの対象ツアーのため、優勝した選手は最低でも世界ランクポイントを14ポイント獲得できます。

この4戦での獲得賞金ランキングで上位に入った選手にPGAツアーの出場資格が与えられ、さらにその賞金ランキングに応じて、PGAツアーでのエントリーの優先順位が決定されます。

2. ウェブドットコムツアーファイナルズ(入れ替え戦)2018の出場資格

ウェブドットコムツアーファイナルズに出場するためには以下の出場資格を満たす必要があります。

【出場資格】

  1. PGAツアーの来季のシード権を獲得できなかったフェデックスカップランキング126位から200位の選手
  2. ウェブドットコムツアーの賞金ランキングで上位75位までの選手
  3. 上記両ツアーに所属しない選手でフェデックスカップランキング126位から200位相当のポイントを獲得した選手

2013年には石川遼が1番目の資格でファイナルズに出場し、2013-14シーズンのPGAツアーの出場資格を獲得しています。

2015年に岩田寛は3番目の資格でこのファイナルズに出場し、2015-16シーズンのPGAツアーの出場資格を獲得していますが、2016年は最終戦が中止になる不運もあり、2016-2017シーズンの出場資格を獲得できませんでした。

2017年は石川遼(1番目の資格)が出場したものの来季の出場権は獲得できずに日本に撤退し、出場権を有していた谷原秀人(3番目の資格)は欧州ツアーなどを優先しエントリーしませんでした。

2018年は片岡大育がエントリーし出場予定となっています。

片岡大育はWGC-HSBCチャンピオンズ2017で15位タイ(55ポイント相当)、ソニーオープン・イン・ハワイで18位タイ(43ポイント相当)でフィニッシュしたことで、ノンメンバーのカテゴリーでフェデックスカップ(FedexCup)ポイントを98ポイント獲得しました。

このポイントが2017-18シーズンのフェデックスカップ(FedexCup)ランキングで191位に相当するため3番目の出場資格を獲得し、エントリーしています。

3. PGAツアー出場権獲得の条件

ウェブドットコムツアー・ファイナルズの4戦を経て、合計50名の選手に来季のPGAツアーの出場資格が与えられます。

ウェブドットコムツアーファイナルズで得られる出場資格は、エントリーの優先順位26番目と低く、フルシード選手のようにメジャー、世界ゴルフ選手権、招待試合以外にはエントリーしたら出場できるわけではないため、制限付きシードとも言えるものです。

さらに26番目のカテゴリー内でエントリーの優先順位の入れ替えが、PGAツアーのフェデックスカップ(FedExCup)ポイントランクに応じて、シーズン中に6回ほど定期的に行われ、ランクが下がるとさらに出場できる試合が減ることになります。

2018-19シーズンがどのタイミングで行われるかは公表されていませんので、参考として2017-18シーズンの情報を記載しておきます。

  1. RSMクラシック(2017/11/19)
  2. ジェネシスオープン(2018/02/18)
  3. ヒューストンオープン(2018/04/01)
  4. ウェルズファーゴチャンピオンシップ(2018/05/06)
  5. フェデックスセントジュードクラシック(2018/06/10)
  6. ジョンディアクラシック(2018/07/15)

シーズン開幕時点では入れ替え戦の賞金ランクが優先順位に反映されます。

それ以降のリシャッフルの基本的なタイミングは2018年内のPGAツアー最終戦後、年明けは2月のジェネシスオープン後、それ以降は四大メジャーの開催前週のトーナメント終了時点となります。

PGAツアーの出場権を獲得するために満たすべき条件とは以下のとおりとなっています。

*SUZUKIさん情報提供ありがとうございます。

  1. ウェブドットコムツアーのレギュラーシーズン賞金ランク上位25名

    ウェブドットコムツアーのレギュラーシーズンとファイナルズの賞金を合算したランキングで1位の選手にはフルシード権(23番目の優先順位)が与えられます。それ以外の2位から25位選手には、その選手間で優先順位がつけられ、シーズン中にリシャッフルがある制限付きのシード権(26番目の優先順位)となります。このカテゴリーの選手は、エントリー時の優先順位を決定するために、出場することになります。

  2. 上記の選手を除いたファイナルズの賞金ランク上位25名

    このファイナルズ4戦での賞金ランキング1位の選手にはフルシード権(23番目の優先順位)が与えられます。それ以下の選手には優先順位がある制限付きのシード権(26番目の優先順位)が与えられます。この時の賞金ランキングが新シーズン開幕時のエントリー優先順位に反映されます。

ウェブドットコムツアーファイナルズに割り当てられている50名の枠うち、開幕の時点で、25名の枠はウェブドットコムツアーの賞金ランク上位25名で埋まっていますので、ウェブドットコムツアー・ファイナルズに割り当てられている実質的なシード権の枠は『25』ということになります。

この25枠を「PGAツアーのフェデックスカップ(FedExCup)ランク126-200位」「ツアーメンバー以外でフェデックスカップ(FedExCup)ランクで126-200位相当」「ウェブドットコムツアーの賞金ランク26-75位」の選手らで争うことになります。

4. ウェブドットコムツアーファイナルズ2018の日程・コース

ウェブドットコムツアーファイナルズ2017の日程とホストコースは以下のとおりとなっています。詳細な情報はトーナメントをクリックすると見ることができます。

トーナメント名 概要
ネイションワイド・チルドレンズ・ホスピタル
チャンピオンシップ
・日程:08/23-08/26
・賞金総額:100万ドル
・優勝賞金:18万ドル
・オハイオ州コロンバス
・オハイオ州立大学GC(スカーレット)
・グリーン:ベント芝
・フェアウェイ:ベント芝
アルバートソンボイジーオープン ・日程:08/30-09/02
・賞金総額:100万ドル
・優勝賞金:18万ドル
・アイダホ州ボイシ
・ヒルクレストCC
・グリーン:ベント芝
・フェアウェイ:ベント芝
DAPチャンピオンシップ ・日程:9/13-9/16
・賞金総額:100万ドル
・優勝賞金:18万ドル
・オハイオ州ビーチウッド
・カンタベリーGC
・グリーン:ベント芝
・フェアウェイ:ベント芝
ウェブドットコムツアーチャンピオンシップ ・日程:9/20-09/23
・賞金総額100万ドル
・優勝賞金18万ドル
・フロリダ州アトランティックビーチ
・アトランティックビーチCC
・グリーン:バミューダ芝
・フェアウェイ:バミューダ芝
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする