日本人選手の四大メジャー・世界ゴルフ選手権の出場権の有資格者一覧

スポンサードリンク

1. WGC-メキシコチャンピオンシップ

2018年3月1日から行われるWGC-メキシコチャンピオンシップの出場権を有している選手は以下のとおりです。

  • 松山英樹:前年のフェデックスカップランクのトップ30(8位)
  • 宮里優作:前年の日本ツアーの賞金ランク上位2名
  • 小平智:前年の日本ツアーの賞金ランク上位2名

日本人プレイヤーが出場権を獲得できる可能性がある条件は、「2018年2月19日発表の世界ランクでトップ50」、「2018年2月26日発表の世界ランクでトップ50」、「2018年2月19日時点でのレース・トゥ・ドバイのポイントランクで上位10名」などが残っています。

2. WGC-デルテクノロジーズ・マッチプレー

2018年3月1日から行われるWGC-メキシコチャンピオンシップの出場権を有している選手は、日本のみならず世界でも1人もいません。2018年3月11日発表の世界ランクでトップ64に入ることで出場権が確定するためです。

ただ、世界ランク、世界ランクポイントから見て出場権獲得が確実なのが松山英樹、濃厚なのが池田勇太です。

  • 松山英樹:2018年3月11日発表の世界ランクでトップ64
  • 池田勇太:2018年3月11日発表の世界ランクでトップ64

日本人が出場権を獲得するためには、アジアンツアーとの共同開催を含めた海外のトーナメントで世界ランクを上げて「2018年3月11日発表の世界ランクでトップ64」に入ることが必要となります。
宮里優作、小平智、谷原秀人などが出場権を獲得できる可能性があります。

3. マスターズ・トーナメント

2018年4月8日から行われるマスターズ・トーナメントの出場権を有している選手は以下のとおりです。

  • 松山英樹:前年のマスターズで12位タイ以上でフィニッシュ(11位T)、全米オープンのトップ4フィニッシュ(2位タイ)、PGAツアーのフルポイントのトーナメントで優勝(WGC-ブリジストン)、前年のPGAツアーのツアーチャンピオンシップに進出した選手
  • 池田勇太:2017年の最終世界ランクでトップ50
  • 宮里優作:2017年の最終世界ランクでトップ50

日本人プレイヤーが出場権を獲得できる可能性がある条件は、「2018年3月26日発表の世界ランクでトップ50」もしくはスポット参戦した「PGAツアー公式戦での優勝」などが必要となります。

4. 全米オープンゴルフ

2018年6月14日から行われる全米オープンゴルフの出場権を有している選手は以下のとおりです。

  • 松山英樹:前年の全米オープンでトップ10フィニッシュ(2位タイ)、前年のPGAツアーのツアーチャンピオンシップに進出した選手

日本人プレイヤーが出場権を獲得できる可能性がある条件は、「2018年のマスターズで優勝」「2018年5月21日発表の世界ランクのトップ60」「2018年6月11日発表の世界ランクのトップ60」「全米オープン予選会で出場権獲得」などとなっています。

池田勇太は「世界ランクのトップ60」の資格で出場権を獲得する可能性が高い状況です。

5. 全英オープンゴルフ

2018年7月19日から行われる全英オープンゴルフの出場権を有している選手は以下のとおりです。

  • 松山英樹:前年のPGAツアーのツアーチャンピオンシップに進出した選手
  • 谷原秀人:欧州ツアーのレース・トゥ・ドバイの年間ランクのトップ30
  • 池田勇太:前年の日本オープンの優勝者
  • 宮里優作:前年の日本ツアーの賞金ランク上位2名
  • 小平智:前年の日本ツアーの賞金ランク上位2名

日本人が出場権を獲得できる可能性が残っているのが「2018年のマスターズもしくは全米オープンで優勝」、「2018年5月21日発表の世界ランクでトップ50」「日本ツアーのミズノオープンで12位以上でフィニッシュし、なおかつ出場権を有していない上位3名」などです。他にも、オルタネイトで出場権が降りてくるケースも多く、世界ランク60位-70位くらいであれば出場できる可能性が高くなっています。

6. WGC-ブリヂストン・インビテーショナル

2018年8月2日から開催されるWGC-ブリヂストン・インビテーショナルの出場権を有している選手は以下のとおりとなっています。

  • 松山英樹:プレジデンツカップ2017のメンバー
  • 時松隆光:ブリジストンオープン優勝

日本人が出場権を獲得できる可能性が残っているのが、「2018年7月23日発表の世界ランクでトップ50」「2018年7月30日発表の世界ランクでトップ50」「日本ゴルフツアー選手権で優勝」などとなっています。

7. 全米プロゴルフ選手権

2018年8月9日から開催される全米プロゴルフ選手権の出場権を有している選手は以下のとおりとなっています。

  • 松山英樹:前年の全米プロゴルフ選手権で15位タイ以上でフィニッシュ

日本人プレイヤーが出場権を獲得できる可能性がある条件は、「2018年の四大メジャーで優勝」、スポット参戦した「PGAツアー公式戦で優勝」などとなっています。他にも「特別招待として世界ランク100位以内が推薦出場」できるのが慣例となっています。フィールドの状況次第ではオルタネイトで世界ランク110位くらいまででも出場できるケースもあります。

池田勇太は出場権を獲得することが濃厚で、宮里優作、小平智も可能性が高くなっています。

スポンサードリンク

よく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ